アフィリエイトサイトを作れば売れる? - 情報教材アフィリエイトの成功法則を伝授!〜初心者を脱出するための最速戦略〜

アフィリエイトサイトを作れば売れる?

私がアフィリエイトを始める前に
趣味でサイトを運営していたので
アフィリエイトサイトそのものを作ることは
難しくはありませんでした。


しかも、商品タグを張り付けるだけで
アフィリエイトサイトになるので
サイトを作ることは簡単でした。


自分でページを増やしていくことが楽しく
毎日のアクセス状況を見るのが楽しみになっていました。

しかし・・・





しかし・・・



「売れない!」



「アクセスがない!」



「反応がない!」


 こんな状態でした。


せっかく苦労してサイトを作ったのに、どうして?



ネット上に溢れかえっている
「アフィリエイトで月収100万円!!」
と書かれている情報商材はいったい何?
詐欺だったのか?!


怒りと、疲労感でパソコンを
ぶち壊したくなってきました。


「アフィリエイトサイトさえ作れば売れる」


ということ自体、説明不足です。


そんなことができれば、みんなが毎月副報酬を
得られるようになるのですから
誰でもやっているし、稼いでいます。


しかし、アフィリエイトで実際に
稼いでいる人はわずかしかいないのが
現実?


じゃあ、いったい毎日、「稼げます!」
「今日はこれだけ稼げました!」
と送られてくるメール中身は、何なんだ!!


収入として「結果」を出すには、
やはりそれなりの「努力」や「工夫」が必要です。


そう簡単に収入は得られないのです。




そこで、作戦を立てて再挑戦!

 
サイトを訪れる人は何を目的にやってくるのか?
この疑問を解決することから再挑戦してみました。


「サイト訪問の目的とは何か?」

 

自分が何か検索するときに、
何を求めて訪問するサイトを決めるか?
それを考えてみました。

 
その結果、
訪問者がサイトに求めているのは
3つに分けられることに気づいたのです。



1.今すぐ欲しい物がある

はじめから買うつもりで物やサービスを探している
または買う物はだいたいは決まっていて
良いお店を探している。



2.情報収集:何か調べていたり
  問題を解決するための情報を探している。

ダイエットに関する情報を集めている
「楽に痩せられる」といった言葉につい引き寄せられた。

そろそろマイホームを買おうと思っているので
とりあえず相場や選ぶ際の チェックポイントを調べている。


3.その他

懸賞のプレゼントに応募するため。

友人・知人のWebサイトだから。

特に目的はないが、なんとなく。


この3つのタイプですが
どれも「サイトを探して訪問する」
行為は同じですが
サイトに求めているものが異なることは明らかです。


このことを考えて、特に1と2のことを考えて
サイトを作っていく必要性があることがわかりました。


1.商品そのものの情報を説明すること

2.商品に関係した情報をできるだけ多く提供する


こうすればサイト訪問者を増やすことになります。



自分のサイトを訪問してくれる読者は
いま、何を求めているのか?


常にアクセス解析を分析してください。

どんな検索キーワードでサイトが見られているか?
また、どんな経路でアクセスがあるのか?


分析する事で、訪問者の立場に立った
サイトが作れますよ。
そうすれば、何もしなくても
売れます!
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
ポン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。